営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

火曜

 
電話番号

082-274-5111

 
FAX

082-273-8811

 
住所

〒733-0822

広島県広島市西区庚午中1丁目19-6

※サービス工場の住所は異なります。店舗のご案内のページをご確認下さい。
リクルート

スタッフブログ

   
2018/10/19  サービス 
スタッドレスタイヤをオススメするワケ
 
こんにちは!サービス部のよっちゃんです。





なぜ冬道にはスタッドレスがいいの?
どういう仕組みで滑らないの?
冬までにしておいた方がいいことって?





今日はスタッドレスタイヤのちょっとしたギモンについて書かせていただきますね♪





❄そもそも、スタッドレスタイヤってなに?
雪道や凍結路で滑らず、安全に走るために開発されたタイヤです。





❄なぜスタッドレスタイヤだと滑らないの?
滑りの原因である「氷の膜」を取り除いて、路面にタイヤを密着させる事ができるからです。
※タイヤが凍った路面で滑りやすいのは、スキーやスノボと同じ原理です。
滑る原因は氷そのものではなく、氷が融けてできる水が、氷の上に膜を作るためです。
この水の膜が、氷とタイヤの間に入って、タイヤを滑らせます。





❄チェーンより、スタッドレスタイヤのいいところは?
チェーンに比べ、スタッドレスタイヤは走行時の振動や騒音が少ないことが特徴です。
また、雪道でも乾燥路面でも走れることから、チェーンのように雪のあるなしで、取付け、取外しの手間が省けます。
※緊急脱出用として、チェーンも合わせて持っておくと安心です。





❄タイヤ交換はどうすればいいの?
弊社のスーパーメカニック集団におまかせください!





❄雪道以外もスタッドレスで走っていいの?
スタッドレスタイヤは、凍結した道路、雪道での性能を重視して設計されたタイヤです。乾燥した道路、濡れた道路での走行も考慮しており、雪道以外でも走行は可能です。しかし、それぞれの用途に合わせ、夏には夏タイヤ、冬にはスタッドレスタイヤのご使用をオススメします。





などなど。
ここには書ききれないほど、まだまだあると思います。
小さなことでも構いませんので、お気軽にお問合せくださいませ(*´ー`*)





みなさまのウィンタードライブが素敵なものとなりますよう、お手伝いさせていただければと思います°˖✧◜✧˖°☆





フィアット/アバルト広島
サービス部直通 (082)272-0020
 
   
2018/10/18  お知らせ 
ネロスコルピオーネ
 

皆さん こんにちは!

ABARTH広島 営業のmacoです!

 

久しぶりにABARTHに関しますニュースをご案内させて頂きます。

 

最近、私のご対応させて頂きましたお客さま大半がABARTHをご検討されている方がいらっしゃいました。

「ABARTHを見に来ました」

「595を試乗したくて・・・」

 

ABARTHブーム到来か!?

 

 

ABARTHの魅力といったらなんといってもあの音・・・。

私個人、車の音はかなり重要だと思っておりますので、純正でここまでの

音を出してくれる車もなかなかないと思います。

 

 

よく何が違うのですか!とお伺いを受けるのですが

音の質感は3グレードまったく違います。

ホイールの数が違うのも含まれますが・・・

 

聞いて頂くのが一番ベストだと私は思っております。

 

音だけ聞きに来ましたとおっしゃられても全然大丈夫です!

実際に目で見て聞いて実感してください!

 

 

 

今なら、なんと通常なかなか手に入らない

ボディーカラーがブラックのネロスコルピオーネがご予約可能となります!!

車両は、MTA・MTそれぞれ1台ずつ当店にございますのでご興味ございましたら、是非一度ショールームへ起こしください!!!

 

 

本当に希少すぎて、私自身本当にぜひ手に入れて頂きたく思いますので、ご予約はお早めに!

※ご納車時期など詳しい内容はお気軽にスタッフまでお問い合わせください!

 

 
   
2018/10/15  サービス 
フィアット&アバルト
 
こんにちは!サービス部のよっちゃんです。





今日はフィアットとアバルトの馴れ初めについて、かる~く書かせていただきますね。





アバルト(Abarth)とは、かつてイタリアに存在した自動車メーカーです。
1949年にFIAT社と同じく北イタリアのトリノに設立、1971年にフィアット社に買収されました。
1990年代以降は、フィアットが生産する車のグレードやモデル名として
名前を残すのみでしたが、現在は、アバルト&C.社(Abarth&C.S.p.A)として再組織されて別会社となっています。





アバルトの名前は、創業者のカルロ・アバルト(Carlo Alberto Abarth 1908-1979)に由来します。
もともと、フィアット車をベースに自社チューンしたレーシングカーで自動車競技に参加しながら、チューニング車やチューニングパーツを販売する会社でした。
ちなみに、ABARTHというスペルはイタリア人にはないんです。
なぜかというと、それは彼がオーストリア人だから。
元はカール・アバルトという名前で、イタリアに移住し市民権を得てからカルロ・アバルト(イタリア語読み)となったそうです。
1949年に設立されたABARTH&C.社は、レーシングチーム『カルロ・アバルト・スクアードラ・コルセ』として、当時からイタリアで盛んだったモータースポーツに参戦し、名だたるレースで次々と勝利を収めていきます。
レース活動に必要な膨大な資金は、フィアット車のFIAT500 Topolino用として、トランスミッションとマフラーのチューニングキットを開発して販売。
これがアバルト車の屋台骨とねるチューニング事業の最初で、後々にわたりベースに選ばれるクルマも多くはフィアット車でした。
ボディに改良を加え、マフラー等に自社開発パーツを採用します。
そのファット改造車によるレース結果およびスピード記録に応じて、アバルトに成果報酬を支払うという契約がフィアット社との間に結ばれたこともあり、より関係を深めていったという経緯があります。
コンパクトで実用的なフィアットの小型車に、モータースポーツにも参戦可能な本格的な走りを加える味付けは、車イジリ大好きなイタリア人を熱狂させ、人気を博したのでした。
こうして、小さなクルマから最後の一滴まで馬力を絞り出すようなチューニングで本格的なレースに勝利するスタイルは、レーシングカーを一般大衆にも手に届く存在とし、ABARTHの哲学が確立されたのでした。
そして1958年にはついに、FIAT ABARTH500が誕生。





いつまでも幸せに暮らしたとさ。
メデタシメデタシ。





いやいや、ここで締めくくってはもったいない。
調べれば調べるほど興味深い話が出てきますので。
少しずつ掘り下げつつ、小出しにしつつ、またの機会に書かせていただきます(∩´∀`)∩





フィアット/アバルト広島
サービス部直通 (082)272-0020
 
   
2018/10/13  サービス 
サソリのエムブレムに込められたABARTHスピリット
 
こんにちは!サービス部のよっちゃんです。





今日はABARTHのシンボル 『サソリ』 のおはなしです。





ABARTHの車たちは、創業者のカルロ・アバルトの星座であるサソリが描かれたエムブレムを掲げ、小さくてもその猛毒で大きな獲物を仕留めるサソリのイメージをそのままに、1950~60年代にかけ、数多くのレースで大排気量車を相手に活躍し、人々を熱狂させました。





この印象的なサソリのエムブレム『スコルピオーネ』を掲げた改造車は『アバルトマジック』『ジャイアントキラー』『ピッコロ・モンスター』と賞賛され伝説とっています。





1970年代にフィアットに買収され、モータースポーツ部門を受け持ちWRC等で活動を続けた後、一時活動を停止していましたが、2007年に復活を遂げて現在もなおアバルトファンへの期待に応え続けるカリスマ性を維持しています。





小さい車ながらパワフルな走りで、他の車にも負けないピッコロ・ホットハッチ。。。アバルトは昔も今も、そういう車をたくさん世に生み出してきました。





そんなブランドコンセプトが、現代のサソリのエムブレムにも込められて継承されているのでしょうね。





よく『サソリの毒にやられる。。。』なんて表現をされますが、一度乗ったらイチコロかも!?ですよ( *´艸`)フフフ。
アバルト広島
サービス部直通 (082)272-0020
 
   
2018/10/10  サービス 
チンクブラザーズ
 
こんにちは!サービス部のよっちゃんです。
今日は『チンクブラザース』のおはなし。




チンクエチェント。
前にもご紹介しましたが、イタリア語で『500』という意味です。





当初のネーミングこそ、排気量が500ccだから『フィアット500』となったのですが、途中からその意味合いも変わってしまい。。。
今となっては、モデル名あるいはブランド名のような扱いですね。





ところで今のフィアットって何代目だと思われますか?










実はね。。。










4代目なんです。
え!そんなにおった!?って方もいらっしゃるかもですね。





では初代からご紹介いたしまショー♪












初代フィアット500(トポリーノ)

初代のフィアット500は1936年から1955年まで作られた小型車でした。
愛称はその造詣から『トポリーノ(ハツカネズミ)』と呼ばれたそうです。





水冷エンジンでFR駆動の500ccでした。500B、500Cなんて改良されたバリエーションもあったそうです。










2代目のフィアット500「は1957年から1977年まで作られた小型車で、これが広く知られているあのフィアット500になります。





空冷2気筒エンジンでRR駆動の500CCで、初代フィアット500と区別するため『NUOVA FIAT500』と称されました。





『NUOVA』は『新しい』という意味なので、『新フィアット500』となります。





長年作られたNUOVA500は、500D、500F、500L、500Rと、年代的に進化してきました。





特に最後の500Rでは排気量がそれまでの499から594ccへ拡大しています。











3代目のフィアット500は1991年から1998年まで生産された小型車になります。





特徴として『FIAT500』と表記されずに『FIAT CINQUECENTO』とアルファベットでの車名となりました。





このモデルは比較的最近のモデルですが、日本に正規輸入されなかったので案外知られていないモデルになります。





水冷エンジンでFF駆動の直線的なデザインの2ボックスコンパクトカーで、当時のフィアットのボトムカーでした。





フィアットのボトムカー、エントリーカーなので精神的な意味合いに『チンクエチェント』と名付けられたみたいです。





排気量は704cc、903cc、1100ccであり、『チンクエチェント・トロフェオ』と称したラリーモデルも存在していました。










『NUOVA500』、新型フィアット500』、『ニューフィアット500』、『ニューチンクエチェント』。。。なにがどれやねーん。ってなりそうですね。





結局、何代目でも『チンク』なので、その言葉を聞いても
受け取る側で想像する車が全然ってくるというオモシロサ。





みなさんが思い浮かべるのは、どのチンクですか?
 
2018年10月(7件)
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
スタッフ
スタッフ
ページ上部に戻る